レジで販売を管理する 顧客情報にアクセスする 売上情報を確認する

オススメリンク

レジ

POSレジとは、バーコードリーダーなどを始めとする読み取り機器を利用し値段や商品情報を入手する機器を指します。そして、その機器をさらに発展させることで顧客管理も行う事が出来るのです。
近年はPOSレジと連動する顧客管理ソフトも多く開発されており、読み取った情報をパソコンに接続し移動させることでソフトが自動的に起動し、情報を入力してまとめていきます。それらをさらにカテゴライズしていくことで、より細かい顧客管理が可能となるのです。

スーパーなどではPOSシステムを利用し商品管理を行い売価変更なども可能となっていますが、そこにさらに顧客管理の機能を追加することで、POSレジだけであらゆる情報をまとめることができるのです。

会員情報

レンタルビデオ店などでは店舗会員となって初めてレンタルが可能になるというケースが多いです。そして、会員認証の際にはPOSレジを使用します。
この時に、会員カードから情報を得てレジ側に顧客情報が表示されておりレンタル状況などをチェックすることができるのです。これも顧客管理のひとつであり、効率的な接客と在庫管理も可能となっています。これらはまだ未返却の商品がある場合はレンタルを断るなど、店側の利益を左右する重要な情報でもあります。

こうしたPOSレジを扱う為には、店員の名札などにロック解除コードやログインコードが記入されてある必要があり、それをスキャンすることでレジを操作できるようになっています。

利用状況

利用状況は顧客管理の際に重要なものとなります。どれほどの買い物をしており、来店しているかを知ることで、客層や常連客などが分かりやすくなりサービスも変化させやすくなります。こうした情報もPOSレジで会員証やポイントカードをスキャンした時に登録、保存されていることが多いです。
店側にとって常連や客層を知ると言う事は大切なことであり、今後の経営にも影響すると言われています。客層に合わせた経営方針や常連客への挨拶やサービスを行うことで、さらに利用客やリピーターが増えるようにしていくことが利益につながっている為です。

顧客管理は単純に来店数だけではなく、そうした情報を得るためにも必要不可欠な存在となっています。

情報

PCでレジ情報を確認

顧客管理の情報は簡単に漏えいしてはならない重要な存在です。POSレジの時点からセキュリティ面に気をつける必要があり、ロックやログイン認証など様々なセキュリティを二重三重に設定しておくことで、外部からのハッキングなどに備えることが求められます。

ハンディタイプ

顧客情報を入力する

POSレジはハンディタイプのものも開発されており、よりスピーディーに顧客管理と販売ができるようになっています。
レジ業務をハンディタイプで行うメリットはスピーディーさと場所を選ばない持ち運びの便利さにあります。

買い物

どこからでも顧客情報にアクセス出来る

買い物で購入した商品をPOSレジで精算した場合、顧客管理情報には大まかな買い物状況が登録できることもあります。
その事により、その顧客はどれほど店舗を利用しているのかといった事が分かるようになり、リピーターになってもらうにはどうすればいいかということを考えることもできます。